まさの日記

3年以内にチャンピオンになる。それまでのプロセス。

自分の好きな時間が増えると自然と感謝の気持ちが湧いてくる。

 

今 横浜に向かう途中の電車です。

 

最近風邪をひきました。

季節の変わり目にはいつも対応できなくて、必ずと言っていいほど体調を壊します。

 

季節が変わるから体調を壊すのか、僕が体調が崩れたから、季節が変わったのか。

 

んなわけあるかーい笑っ

 

これは長期戦になるなと思い、家でゴロニャーンできるようにツタヤでDVDをレンタルして長期戦に備えました。

 

最近は夜な夜なカラムーチョとカフェオレをセットして映画を見るのが至福のひと時です。

どーりで風邪の治りが遅いなと思いました。

 

最近見た映画

フォレストガンプ

f:id:sannendechampion1016:20170622182820j:image

他人にも自分にも正直に。そうでありたいな。

 

レオン

f:id:sannendechampion1016:20170622182825j:image

何度も見たけど、何度見ても切なくなる。根っこの部分が掴まれた。

 

蘇る金狼

f:id:sannendechampion1016:20170622182843j:image

松田優作がハードボイルドすぎてかっこいい。

若かりし頃の風吹ジュンが可愛すぎる。エロいし、色気あるし、それでいてキュート。無敵じゃん。

 

 

話は変わって

 

自分の24時間でやりたいことを増やしていったら 自然と感謝の気持ちが湧いてくる。

 

飯が食えること

健康な体があること

やりたいことをすることができるためのお金があること

お金をもらえる仕事があること

家族が健康でいること

支えてくれる友達がいること

好きなことを経験できる環境があること

学びたいこと学ばせてくれる人たちがいること

 

自分が満たされてると自然と余裕が生まれる。

余裕が生まれるとあんまり周りのことが気にならなくなる。

くっそー、うらやましいー

あいつばっかわがままにやりやがってー

みたいなことも あんま気にならんくなる。

と、言っても まったくなくなるというわけではなく、昔に比べたら小さくなったって話ね。

 

 

最近大学時代の後輩から連絡あって、今日横浜で飲むことに。

嬉しいね、こーいうの。

 

どんな風にお互い変わってるんだろって楽しみになる。

 

もう体調も良くなったから、早く練習もしたい。

次の試合も決まったから、早く応募もせねば。

 

 

書きたいことは山ほどあるけど、それはまた今度。

今読んでる本の続きが読みたくなった。

 

今 目の前の中年サラリーマンが笑いを必死にこらえて携帯の画面を見てる。

何がそんなに面白いんだろーってバレないようにのぞいたら アイドルの動画見てた。

多分 今 この瞬間 世界で一番幸せな時間をこのおじちゃんは過ごしてるんだろうなーって思ったよ。

誰にもわからない、わかってもらえなくても自分だけがわかってれば十分な何かを持ってるのっていいよね。

 

そんな焦んなくてもええんやないか

思うがままに筆を走らせます。

自分の思ったことの記録がてらに書きます。

(いつもそんな感じですが)

 

f:id:sannendechampion1016:20170609022243j:image

今日休みやったから ツタヤでお笑いのDVD借りて、中学生やった時めっちゃ聞いてた太陽族、ゴイステ、ジャパハリネットのアルバム借りて一日中聞いて 最近世界一周から帰ってきた友達と電話して思ったこと。

 

ぼくは生きることにめっちゃ焦ってました。

昔の自分、言うても16歳のときあたりからここ1、2年の最近あたりまでかな

 

このままやったら、社会に乗り遅れる。

このままやったら普通の人になってしまう。

なにも成し遂げられずに人生終わってまう。

なんかせな!!!

死ぬ直前に「あーおれの人生最高やったー!なに一つ後悔ないわー!」って、最期の瞬間 後悔せん人生を送らな!!!

 

って思って生きてた。

 

言えば 立ち止まったら死んでしまうようなマグロのような人間だった。

(マグロは常に泳ぎ続けないと死んでしまうらしい)

だから、常に何か新しいことにアンテナを張ったり、新しい刺激的な出会いを求めたり、新しいなにかを求めて常に動いてるような人間だった。

 

もちろん、その「後悔せん人生を送る」という考え方のもとに生まれるエネルギーはとてもなく、それがもとにたくさんの一歩目を踏み出せたし、たくさんええ経験もできたし、それによって出会えた人もいた。

 

でも、常に周りの人たちの動きを ある意味、監視するように見てた。

facebookで流れる投稿をみて、

あいつあんなことやってる、おれ なにやってんだ

ってへこんだり、

負けないようになんかおれも行動しなきゃ!

って焦ったりすることも多かった。

 

けど、なんか最近 そーいう考え方、つかれてきた。

なんか違う気がしてきた。

 

もちろん、

いやいや、疲れるとかいうてるけど、甘くない?お前、どんだけ頑張ってんのよ。

お前が結果出せてへんのはお前よりそいつが頑張ってるだけで、お前より頑張ってるから あいつらは あんな風に考えれたり結果だしてるやろ

やっぱ 甘ちゃんやなー

っていう意見もあると思う。

 

確かに。それ言われると耳が痛くもある。

 

漠然とやけど、こんなことしたいなーってある。あんまりまだうまく言葉では表現できへん段階やねんけど。
それに踏み出せん自分を
あーやっぱ自分 へぼいな。
って思ってしまうこともあった。

でも、最近 思う。

 

他人と比べたって仕方ないなーって。

 

 人ってそれぞれ タイミングってのがあると思った。(言い訳かもしらんけど)

誰もが最初から思うように生きれる人なんかおらん。

 

その人の生き方や今のその人の立場だったり、やってることに かっこええなーって思う大人、めっちゃおって、そんな人たちの若い時の話 聞かせてもらったら、やっぱり最初は全然普通の人やった。

 

バイトで食いつないでたり、友達に助けてもらってたり、失敗したり、時には人を裏切ってしまったり、自分がなにしたいのかわからんかったなーっていう人がめっちゃおった。

 

だから、そんな話を聞いて あんまり焦んなくてええなーって思うようになった。

 

そして、ぼくの周りの友達にも同じような(マグロのような)人間が多いから、

あんまり焦んなくてもええんやないか

って思うようになった。

だって、そいつはおれから見たら十分すぎるぐらい頑張ってるし、もがいてるし!!!

 

他人のことになるとアドバイスめっちゃ的確にできるくせに自分のことなるとわからんくなる人っておるよな。特に恋愛に関してとか。

そーいう時 他人にアドバイスしたこと自分に言うてあげるといいよな。

 

(話しそれた)

 

もちろん、計画を立てることは大事だと思う。

けど、その時にならんと見えないことや思いつかない考え方があると思う。

そんで、その時 これがいい!と思ったら、そうしたらええだけ。

そしたら、それがその人のベストのタイミング。

人生 どう転ぶかわからへん。

 

そーおもうと

今 自分の立ってる位置から見えることを しっかりやるぜって、今自分が感じるこれええなって感覚で生きてもええなって思った。

地に足をつけた感覚をめっちゃ感じることができた。

ここ最近の発見です。

 

自分のスタンスがわかると他人への嫉妬とかいつの間にかなくなってた

自分のペースが分かると 他人なんかある意味どーでもよくなった。

だって、あいつはあいつのペースでやってる。

おれはおれのペースでやろうっと♪(´ε` )

ふーふーん(イオンのCM風)

ってな感じやから。

いつの間にか 周りの人を監視してるような感覚がなくなってたことに気づいた。

 

(うまくまとまんなくなった。)

 

中途半端な感じやけど、そんな感じのこと思ったから忘れたくなかって記録がてらに残しとこうって思って書いてみた。

 

最後に、

マグロはマグロでうまいよな。

 

おやすみなさい。 

負けた

昨日はムエタイの試合がありました。

 

結果からいうと負けました。

 

今回が二戦目だったんですけど 初めて負けたを経験しました。

 

めっちゃ悔しかった。

 

ほんまに。

 

けど、こんな競技だけあるので ずっと勝ち続けることは難しいのはわかってます。

上には上がいますから。

 

今回の試合で学んだことはたくさんあります。

 

試合後の打ち上げでたくさんの先輩から温かい言葉をいただきました。

 

負けた後 自分がどうするか。

 

今回は負けたけど、細くても続けることが大事。

 

ホンマにそうやなと思いました。

 

昔の自分だったら

めっちゃ凹んでたと思います。(凹んでないというわけではありません)

 

昔の自分だったら今回の負けで過度に落ち込んで

「もうおれには才能がない。ここでやめとこう」

と、諦めていたと思います。

 

でも、いまの自分はだいぶ客観的に考えることができるようになったのでこう思います。

 

ここでホンマに諦めて 辞めてしまったら 今までの頑張りが本当になくなってしまうと。

 

負けたけど、今回の負けの要因を分析し次に繋がること。

それが今回の敗因をカバーするきっかけになると思いました。

 

負けを経験しないと 本当の勝ちの喜びや嬉しさを味わうことはできない。

 

また、頑張ります!

 

 

f:id:sannendechampion1016:20170605065540j:image

f:id:sannendechampion1016:20170605065556j:image

f:id:sannendechampion1016:20170605065605j:image

グッナイ小形くんも来てくれた!

けど、遅刻してぼくの試合見れんかったそうです!

おい!笑っ

 けど、来てくれてありがとー!!!

 

今日は日勤なので、仕事もしっかり頑張ろうと思います

 ほな!!!

あなたの勇気が誰かの勇気につながる

高円寺の土曜日の夜の路上は賑やかです。

 

色んなところで路上ミュージシャンが歌ってます。

f:id:sannendechampion1016:20170604001258j:image

f:id:sannendechampion1016:20170604001311j:image

 

 

この街はなかなか寛容で 他の街に比べると警察が来て止められるところはあまり見てません。(実際あると思いますが)

 

前々回の

やっぱ 自分ってこんなことが好きなんよねって表現できる人はかっこいい。

http://sannendechampion1016.hatenablog.com/entry/2017/06/01/023809

 

にも書いたんですけど、

高円寺に住んで 路上で歌ってる人たちに触れたのがきっかけでした。

 

ぼくも大学生の時

「将来やりたことがあったときにお金が無いのを言い訳にやりたいことを諦めるようなことはしたくない!自分の可能性を試して見たい!」

 

と、思い そのときなんとなく夢だった沖縄に行くを目標に

 

無一文から路上でギターを弾いたり、

f:id:sannendechampion1016:20170604000208j:image

その人の目を見てインスピレーションで詩を書いたり、

f:id:sannendechampion1016:20170604000510j:image

 f:id:sannendechampion1016:20170604001004j:image

ヒッチハイクで旅をしました。

 

 

路上で何かをするというのはとても勇気がいります。

 何十人も自分の前を通りすぎていきます。

まるで自分がそこにいないかのように。

まるで自分の存在価値はないような気持ちになります。

ちらっと見てくれても 何もリアクションもない。

すごい孤独でした。

 

でも、勇気を出したことによって出会える素敵な出会いもたくさんありました。

f:id:sannendechampion1016:20170604001950j:image

 

 

今日も暇だったので 散歩がてらに音楽を聴きに行こうと駅周辺に向かいました。

そこで出会ったのが

 

グッナイ小形

f:id:sannendechampion1016:20170604002302j:image

切なくて哀愁のある素敵な声とギターのメロディに聴き入ってました。

 

f:id:sannendechampion1016:20170604011022j:image

f:id:sannendechampion1016:20170604011422j:image

f:id:sannendechampion1016:20170604011003j:image

 

その声に引き寄せられ人も集まり、みんなと仲良くなりました。

知らないもの同士 そのタイミングじゃないと出会えなかった。

そんな出会い方ってやっぱめっちゃいいなーって改めて思いました。

 

小形くんと話せば同い年だとわかり、すぐ仲良くなりました。

 

音楽をやってる姿勢や詩を大事にしてるところや金欠なところ(笑)に僭越ながら 同じにおいがする人間だと思わずにいられませんでした。

 

最後に明日の試合に向けての歌も歌ってくれてほんまに感動しました。

 

あなたの勇気は他の誰かの勇気に繋がる

ぼくはほんまにそー思います。

 

小形くんが色んなものを乗り越えて路上で歌う勇気がぼくの明日の試合に向けての勇気をくれたように

 

明日のぼくが試合に出ることで、もしかしたら誰かの勇気につながる可能性だってある。

 

そしたら、その人が一歩踏み出して何かアクション起こすかもしれない。

 

そしたら、それをまた見た人が勇気をもらって一歩を踏み出すかもしれない。

 

そしたら、また・・・・

 

ってどんどん連鎖していくとぼくは思ってます、結構本気めで。

と、いうかそんな世界であってほしいと思います。

 

 

最近 出会った好きな言葉があります。

10年努力するより1日勇気出した方が人生変わるから。

 

ほんまにそーやなーと思います。

いくらセミナーに行っても、本を読んでも勇気を出して行動を起こさなければ何も変わりません。

昔の自分がそうでした(今もですけど当時に比べると)

人は変われる。変わろうとしないのはいつも自分自身だと思いました。

 

そんなことを感じさせてくれた小形くんが明日  試合を見にきてくれると言うてくれました!

 

あざっす!!!

 

 明日 今日もらった勇気を胸にいい試合ができたらいいなー!

 

グッナイ小形くん、素敵な出会いをありがとう!!!

 

 グッナイ!!!

 

明日 ムエタイの試合(´∀`=)

明日 ムエタイの試合やりますー!

 

 スックカグラザカ 12

場所:〒162‐0818 東京都新宿区築地町6番地 北星ビル3F クラミツジム

 

時間:6月4日 日曜日

           第1部 12時開始

           第2部 15時開始

 

対戦カードは↓

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/610345/515452/87493703

 

詳しい詳細はジムホームページをチェック↓

http://muaythailand.net

 

 

ぼくは第2部 第1試合目。

そして、勝ったら第7試合目もやります!

 

タイ料理も食えたり、タイのビール飲めたり!

軽くタイフェスな感じです🎵 

f:id:sannendechampion1016:20170603170256j:image

 

勝ちてーー!!!

というより ここまできたらあとは明日 楽しんでやりたいと思います!(//∇//)

 

この試合のために並々ならぬ努力をぼくはしてきました。

仕事終わりにジムに通い、好きなお酒もセーブ。

 

それよりなにより一番頑張ったことは

減量のためにカラムーチョとカフェ・オ・レを一週間我慢したことですかね(//∇//)

(一週間だけかよ笑っ)

 

今回 余裕ぶって カラムーチョとカフェ・オ・レを摂取しても減量できないものかと試行錯誤してやってたんですが、やはりといっていいほど体重は落ちず。

 

ジムの人たちにも相談したら 案の定

 

カラムーチョとカフェ・オ・レ辞めろや!!!笑っ

 

とお叱りを受けたので我慢しました。

 

そしたら、みるみるうちに3キロ痩せました。

 

最近 体重減らすために半身浴ハマってるんですね。

きわめつけはこれですね

f:id:sannendechampion1016:20170603171744j:image

この入浴剤。

半身浴で使うんですが、汗の量がハンパないです。

1時間ほど半身浴したら

2.2キロ体重減ってました。

 

けど、そのぶん 体への負担も大きいので 使い方は考えないといけない感じですね

 

体もまぁまぁな仕上がりです。

f:id:sannendechampion1016:20170603172424j:image

 

ここまで来たら明日 楽しんでやりたいと思います(//∇//)

試合後のカフェ・オ・レとビールが楽しみです!!!

 

予定空いてるよって方は是非観戦しにきてねー!

観戦は無料なのでー!

 

ほな!!!

 

やっぱ 自分ってこんなことが好きなんよねって表現できる人はかっこいい。

みなさんは自分実はこんなこと好きやねんって言いたいけど、言えてないことってないですか?

 

ぼくはあります。

 

最近 改めて 自分の好きなことってなんやろーって考える機会がありました。

 

この前 友達の結婚式の余興頼まれて 久しぶりに人前で歌ったり、練習のために久しぶりにスタジオ入ってギタージャガジャガ弾いて、思いくそ歌いまくって あっという間に時間過ぎてました。

 

人前でギター弾いたり、歌うきっかけになったんは小学生のときで、

小学校6年の時の修学旅行のバスの中で、なんかカラオケやろーみたいな流れになって、誰か歌えやーってなって、おれ歌うわ!ってなったんかな。確か。

 

おれが歌うことなって、そのとき歌ったのが、なぜか

 

美空ひばり川の流れのように

でした。

 

今 思うとなかなか渋い選曲をする少年でした。

 

その時 バスめっちゃ盛り上がり

まさ、うまいやんけー!

みたいな感じでめっちゃみんな褒めてくれたんが嬉しくって、それから人前で歌うことに抵抗無くなったように思います。

 

ギターを弾き出しのは中一ぐらいからで、家にギターがあって、そのとき 太陽族というグループにどハマりしててギターを弾き出しました。

 

と、あれから十数年経ちますが 未だに楽譜の暗記はできない、楽譜を見ないと弾けない、アルペジオとかほぼなんとなくのノリ。音楽理論も皆無。

中一からギタースキルは1mmほども進歩なし。

 

けど、その時から歌うことやギター弾くのが好きで、土日の学校ない日とか午前中は球部の練習して、帰ってきたら部屋で何時間も一人で歌ったり、昼休み 音楽室で 友達とギター弾いたりしてました。

 

それがあって今では地元の友達の結婚式のたびに弾き語りをするようになりました。

 

 

散歩も好きです。

特に風呂上がりとか湯冷ましに外ぶらぶら散歩したり、なんとなく理由もないけど散歩したり。

f:id:sannendechampion1016:20170528140618j:image

近くにお気に入りの公園があって、そこでぼーっとしてます。

 

って実際いうとめっちゃくちゃやってるよーな感じになりますが、頻度的には週一回あるかどうか。

 

写真も好きです。

大学時代 旅にはまって長期休みにむけてバイトを貯めて、中古の一眼レフを買って 海外を自分の目線で、自分の歩幅で見たいと思い、色々回って、いろんな写真を撮りました。

f:id:sannendechampion1016:20170528141409j:image

f:id:sannendechampion1016:20170528141414j:image

f:id:sannendechampion1016:20170528141442j:image

f:id:sannendechampion1016:20170601005659j:image

これは学生時代に初めて一眼レフ買ってインド旅してたときの好きな写真。

f:id:sannendechampion1016:20170528141612j:image

f:id:sannendechampion1016:20170528141655j:image

モノクロ写真とかも好きです。

なんか、色がないぶん 渋くてかっこいい。

 

って、写真勉強したことは無いので、ほんまのプロの人からしたら、ここがこーで、もうちょいこーしたほうが、、、っていうなるかもしれないんですけどね。

 

ってふと思いました。

 

なんか最近の自分は これ好きなんですー!って堂々と言えらん自分になってたなと。

 

なぜかと考えました。

 

大人になると、圧倒的に仕事が優先順位の最上位をしめてきます。

まぁそれはそうです。お金を貰えないと飯は食えない、家賃は払えない。

 

だから、 優先順位が違うことしてると なんとなく もう大人なんやから的な、ええ歳やねんから的な なんとなーく 常識 と言われるフィルターがかかってしまい、それを通して見た結果 これはいい、これは悪いとジャッチしてたな と思いました。

 

そりゃ自分の物差しで判断してないんやから、ホンマにやりたいことなんかわからんくなるよなっと思いました。

 

ぼくは自分を縛ってるのは自分で 今の現実は自分が望んで作り出してる と基本的に思ってます。

 

 

別に 専門知識なくても、詳しくなくても、昔はめっちゃハマってたけど最近やってなかったり、好きなくせにちょっとめんどくさかったり、頻度少なかったり、好きなんやったら〇〇のレベルで、週〇〇回やって、周りから見てもバカにされないようなという条件を満たして始めて好きなこと と言えるのではないかという価値観持ってたから 自分〇〇好きなんですよねーって言えなかったなーってことに気づきました。

 

高円寺のマクドナルドで自問自答して考えました。

「今 25歳。80歳で死ぬとしよう。残りの人生が55年。残りの人生 自分は 〇〇が好きです、と周りの目を気にして、周りに言う勇気がなく残りの人生過ごしたとしてたら?」

 

「おい!あの時の自分!!!」

って きっと後悔するだろなーって思いました。

 

だから、今後はまた好きなよーに好きなことを今 できる範囲でやっていこうと思います。

 

とりあえずばーっと好きなことを書いてみます。

人が好き

昼から外でお酒飲むの好き

銭湯好き

サウナ好き

サーフィン好き

スノボー好き

長距離移動の窓から景色を眺めてぼーっとしてる時間が好き

 海が好き

天気いい日はテンション高め

でも、雨も好き。あの雨の音が好き。

友達とくだらんことであほみたいに笑ってる時間が好き。

カフェ・オ・レが死ぬほど好き。毎日飲まないと気が済まない。

カラムーチョが好き。特に真夜中に映画見ながら食べる時とか基本ぶっ飛ぶくらい幸せ感じる。そこにカフェ・オ・レがあれば他に何もいらない。

スッパムーチョも好き。

一人の夜が好き。

孤独が好き。

みんなとワイワイガヤガヤも好き。

簡単にクリアできないようなしんどいことも好き。

何かにチャレンジすることが好き。

旅が好き。

不器用な自分、素直になれない自分、すぐ人と比べてしまって落ち込むこと多いけど、そんな自分のことは嫌いじゃない。

映画がすき。

本、漫画すき。満喫めっちゃくちゃ好き。 

音楽が好き。

歌を歌ってる時間が好き。

言葉が好き。

ブログ書くのが好き。

体を動かすことが好き。

叫ぶことが好き。

散歩が好き。

コインランドリーで乾燥機かけてるあいだの時間が好き。

ぼーっとしてることが好き。

忙しいことが好き。

 

今 勢いで思いつく感じのことを書いてみましたが、こんな感じのことが出てきました。

 

読み返してみても 矛盾してることも多いなと思います。

大勢ではしゃぐのも好きだけど、一人も好きだったり、晴れも好きやけど雨も好きだったり、ぼーっとしてることが好きなのに忙しいことも好きだったり。

 

どっちが良い、悪いとかではない。

両方あっても良い。

てか、なんでも良い◎

それが自分だと思いました。

 

 

高校のときに買った本で、今でも胸に刺さってる言葉があります。

 

「自分のことを好きになろう。だって一生自分と付き合うのは自分なんやから」

 

当時 コンプレックスだらけで自分に自信もなくって自分のことが大嫌いだった自分は あほで素直なので 確かに!!!と思い、その言葉と出会ってから自分と向き合うようになりました。

 

それが今の自分を形成してます。

 

それで今 思うことは

なかなか今の自分も悪くないな笑っ

て感じです。

 

まだまだ直さないといけないことはたんまりありますが、それも含めて自分だなーと思えるようになりました。

 

ってなわけで 今日はこの辺で!

少し今の自分の頭の中をスッキリさせたかったので書いてみました。

 f:id:sannendechampion1016:20170601022622j:image

やっぱ 好きなものは理屈抜きで好きでいいよね。

 

ほな!!!

 

 

この公園、桜が綺麗なんですよーの一言で部屋を決めたときの話。

最近 職場の寮が3年間しか住めないので、引っ越した。

 

住みたい街だけ決まってたから、とりあえず駅前にある大手の?不動屋さんに飛び込んだ。


何軒が内覧して、なんか決め手にはかけるものの退寮の期日も迫ってたので、この辺でいいっかーっと決めかけてた。


担当してくれた人も悪くなかったけど、バッチリ合うわけではなかった。

 なんか、パッパッパってどこか作業的に感じてしまった。

 

まぁ仕方ないかって思ってた最後の最後で 知り合いが紹介してくれた不動産屋さんを思い出した。

ずっとその土地で昔からやってるような地域の不動産屋さん。

最後にそこだけ話だけでも聞いてみよって感じで訪ねることにした。

 

いったら、めっちゃ笑顔が素敵なにこにこした人やった。

年齢は多分 ぼくのおかんぐらい。

 

色々条件を伝えて、部屋を見に行った。

部屋は とっても素敵な部屋だった。

 

それから、

「ちょっと帰り途中、この辺の雰囲気も知ってほしいんで、遠回りして帰りましょっか」

 

ってことで、近くに公園があって、そこの中を通った。

 

その時は2月だったので、木にはなにも咲いてなかったけど、その人が公園を歩きながら、嬉しそうに

 

「この公園はね、今はなにも咲いてないけど、春になると桜が綺麗なんですよ〜」

 

もう、この一言で、この部屋にしようと思った。

 (もちろん部屋も素敵だったってことも大前提でね)

だから、ぼくが部屋を決めた決め手は

近くの公園の桜が綺麗だから だった。

 

ほんで、帰り途中。

 

道行く人、道行く人、近所の人たちがみんな笑顔でその人にあいさつしていく。

 

本当に、すれ違う人、全員だった。

 

「みなさん、〇〇さんにあいさつして行きますねー」っていうと、

 

「そーなのー!嫁いで長いからねー!もー悪いことできないわー!ハッハー!」

 

って、お茶目に笑った。

 

それだけで、その人の人柄がにじみ出てるなーって思った。

 

本当にふとした瞬間にその人の人間性って出るもの。

 

こんな素敵な人から部屋を借りたいって思った。

 

同じお金を払う行為でも、早くて便利で安くてっていう物基準で買うよりも、誰から買うかってめっちゃ大事だなーって思った。

 

やっぱり、人 なんやな。

 

今では ようもないのにお店に遊びにいって、お茶いただいて、雑談してみたいな、この町のおかん的存在やねん。

 

 

 

今年で東京4年目。

26歳になる。

最近パソコンのデータを整理してたら、大学4年のときにめっちゃ当たると言われた占い師に占ってもらったときのボイスメモが残ってた

それを聞いて、笑ってまうぐらいにこの3年間があたってて、すごー!ってなった。

 

そのボイスメモによると26歳は人生の転機らしい。

ハラハラドキドキ(((o(*゚▽゚*)o)))笑っ

 

 

 

桜が満開の時の公園はあの時嬉しそうに話してくれた想像以上に素敵でした。

 

ほな!!!

f:id:sannendechampion1016:20170417112203j:image