まさの日記

【看護師×ムエタイ×音楽】看護師をしながら、ムエタイとやままと言う名前で音楽をやってます。日々のことをブログに書いてます、下記参照。銭湯とコインランドリーとカフェオレと詩をこよなく愛してます。1991年生まれ。淡路島出身。あと・・・ごめんなさい、なんでもないです。3年以内にチャンピオンになる。それまでのプロセス。

歌うってこと

本気で音楽をやりたいと思って11月ぐらいから動き始めた。

中学生のときぐらいからギターを弾き始めた。

放課後や昼休みに友達の前で披露して、友達が喜んでくれたり、褒められたりするのがただ単純に嬉しかった。あと、単純に女の子にモテたかったから。

 

この前 歌うってことはどんなことなのか考えるきっかけがあった。

大学時代は学祭とかで歌って、うまいねーとか言われることが多かったから、少し自信があった。

けど、今まで自分がいかに歌えてなかったかを知る機会になった。

井の中の蛙だった自分に気づいて、恥ずかしくなった。

 

まず、歌う体になってないことに気づいた。

それからはできるだけ毎日腹式呼吸の仕方とかブレス練習したり、正確にカウントをとる練習とか地味な練習を隙間時間してる。それだけでも、全然違ってきた。

 

次に曲のことを知ろうとしなかったことに気づいた。

今までなんとなく歌ってた曲。それをもっと深く知ろうと思った。なんでこんな歌詞を作った人は書いたのか。だれに宛てた歌詞なのか、どんなことしてこう思ったのかetc

f:id:sannendechampion1016:20180208025652j:image

そうすることで本当に伝えたいメッセージを拾いあげる。当たってるか当たってないかは別にして。

でもそれだけで全然違う。

 

今は聴いてくれた人にちゃんと思いを伝えれるように歌える体作って、曲を知ることをやってる。そして、それを路上でやる。だから、路上は毎回本気。

 

自分が歌ってて気持ちいいのと、聴いてくれた人にちゃんと届くってことは全然違う。

自分が気持ちいいだけなのはオナニーでしかない。もちろん、それもありっちゃありだけど。

 

だから、僕が目指しているのは聴いてくれた人にちゃんと届くってこと。

そして、それが本当にめちゃくちゃ難しい。

 

最初のころは曲作ろうとか思ってたけど、今はカバーでもいかに自分の歌にできるかを焦点に当てて取り組んでる。

その人の歌い方に似せるんじゃなくって、それはただのモノマネがうまくなっただけで、自分の歌にしたってことじゃない。

自分の声と体でその歌を歌うこと。

あーうまく言えんけど!!!

 

なんでこんなことやってるかっていうと、ただ単純に中学生だった時に見た友達の笑顔が忘れられないから。それを今でも作りたくってやってるだけなんよね。それだけの話。あと単純に好きだから。あと単純に女の子にモテたいから。

 

そんなこんなで今週日曜日は地元の友達の結婚パーティーのお祝いで歌う予定です。

毎回地元のやつの結婚式のたびにだよ。これでもう5回目だよ。

てか、みんな、結婚しすぎじゃねーか。普通に焦るねんけど。

結婚式で歌うって結構大変なんですよ、実は。

新郎新婦の曲の好み聴いたり、どんな式にしたいのかと聴いたり、曲はなにしようか考えたり、ギターは送らないといけないから金かかるし、練習はせんといけないし。

そして、一番嫌なのは何より出番は大体最後の方だから、酔わない程度にお酒はセーブしなきゃいけないし、緊張で出された料理は喉を通らないことだわ。

 

でもね、そんなことはあるけど、終わったあと 「まさに頼んでよかったわ」っていうあいつらの顔が忘れられないんよね。

これから人生を二人で歩んで、子供とかできちゃったりして、人生に一回しかないその日を振り返ったときに「まさに歌ってもらって盛り上がったなー」とかね、「パパとママの結婚式でこの人に歌ってもらったんやよー」とかあったら嬉しいやん。

そんな1日に自分が関われるなんてね。

だから、毎回引き受けちゃう。

 

そして、なによりこれが自分が音楽をやりたいって思った原動力やしね。

友達の喜んだ顔がみたいってのが。あと単純に女の子にモテたいから。

 

そんなこんなで明日はカラオケボックスに閉じこもって、歌う曲を落とし込みます。

現場からは以上でした。

 

 

南瓜とマヨネーズ

自分のなかの思いや感情を言葉に表現したい。

けど、自分はそれらを表現するだけの言葉をまだまだ知らなかったことに気づいた。

なので、最近はできるだけ本や映画、音楽、街中の広告、人と話してていいなと思ったフレーズを携帯のメモに保存をしたりと、言葉集めをするのが習慣になった。

 

最近見た映画。

秒速5センチメートル

f:id:sannendechampion1016:20180202135350j:image

アニメ。君の名はの新開誠の昔の作品。

子供から大人になるまでの男女の恋愛の話。

桜の花びらが落ちるスピードは秒速5センチメートルらしい。

昔の恋愛を思い出してせつなくなった。

 

あゝ荒野 前編後編

f:id:sannendechampion1016:20180202135416j:image

ろくでもない人生を歩んできた二人がボクシングと出会い、生きることへの希望を見出すストーリー。

美しいことばかりじゃない。時に現実は残酷であることを思い知らせた。

 

みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショー

f:id:sannendechampion1016:20180202135439j:image

みうらじゅんが好きで借りて見た。

なんだこれ。シュールすぎるだろう。

 

夜空はいつでも最高密度の青空だ

f:id:sannendechampion1016:20180202135509j:image

最近見たなかで一番好きだ。詩人 最果タヒの同作の映画化。

セリフが詩的。

言葉は不自由だ。見えないものを言葉にするのは難しい。でも、そんな人のために言葉があるのだと思った。意味わかんないよね。ぼくも意味わかんない。

 

妻に捧げた1778話

f:id:sannendechampion1016:20180202135542j:image

ある日妻が病にかかり余命を宣告される。その日から小説家の夫は妻が死ぬまでの毎日妻宛てたショートストーリーを書くことにした。その実話を元にしたもの。

ラストは言葉では表せないふたりの関係性の重みがずっしり詰まってた。電車のなかでラストを読んで泣きそうになったのをぐっと堪えた。人に優しくなろうと思った。

 

最近のお気に入りは

最果タヒ魚喃キリコにどっぷり浸かっております。

f:id:sannendechampion1016:20180202135602j:image

 

今度魚喃キリコ先生の南瓜とマヨネーズの映画見に行きたい。

f:id:sannendechampion1016:20180202135731j:image

絵がめちゃくちゃ好き。

f:id:sannendechampion1016:20180202135820j:image

あと魚喃キリコ先生がどタイプすぎて好き。猛烈に会いたい。会えないものか。

あぁあああああああぁぁぁあゲホあぁあああああぁぁぁフハハハハ。

すいません、取り乱してしまって。

最近女の子とそーいう類のまともな会話をしてないため、免疫力が著しく低下してます。

 

 

そんなとこです。

今日はこれから夜勤です。

やばい、もうこんな時間だ!

弁当作らねば!!!笑

 

色んなことを諦めそうになったら読み返すやつ。

昨日は一日人として尊敬してる人に付き合ってもらい、旅に出てました。

自分自身のことを知る旅。

今の自分の実力、見ている世界、レベルから飛び出すたための旅です。

 

まぁぶっちゃけ感想から言うと

完全にやられました。フルボッコです。

 

その人と過ごした時間や伝えてくれた言葉、ハート、連れて行ってもらった空間。

 

もうね、色んなことを諦めたくなったわ。
息の仕方も忘れそうになった。

 

自分には才能ねーのかなーとか思ったよ。。。


けど、それって違うんよね。全然違う。おすぎとピーコぐらい違う。
そんな人達って誰よりも努力してるだけなんよ。圧倒的に。

ただそれだけの話。

 

どこの分野、世界でもそうですが、

 

「なんだ、こいつ、全然意味のわかんねーことばっか言ってる!わけわかんねー!!!」

ってことほど、半年後一年後になったあとに

「あっ、あの人、このこと言ってたんだ」ってわかるもので。

 

人から言われたり、本でも読んでも

「あーわかるわかる」

ってことは自分の確認作業でしかなくて。それはすなわち今まで自分の経験や知識、見てきた世界の 〝なか〟でしかない。それでは成長はないと思う。

 

人というのは歳をとるごとにどこか守りに入るもので、変化を恐れるものだと思います。

自分のこれまで信じてきた価値観、ルール、生き方 etc

それを崩されまいと奔走するものだと思います。

そして、それにそぐわないものを拒絶する習性があると思います。

まぁでもそれは当たり前のことで。

だって、それを崩された時には 今まで自分が信じていたものはなんだったんだっていきなり自分というものを支えていたものがなくなるわけですから。

言うなれば、硬く結んだ靴紐もほどくようなもの。

 

ですが、ぼくが思うのはどれだけ 硬く結んだ靴紐をほどくことができるか、だと思ってます。

ほどいては結び、またほどく。

その作業の繰り返しで人は成長するものだと思ってます。

いかにほどく勇気があるかどうか。

 

なのでね、昨日は完全に丸裸にされて、ほどかれた一日でした。いい一日やった。

 

まぁやってるやるぜってことです。

まだまだ始まったばかりや。

 

これからのぼくは一味違いますよ。

 

f:id:sannendechampion1016:20180201145702j:image

 

最近は凹みっぱなしな毎日で。

最近は凹みっぱなしの毎日で、別になにか大きなきっかけがあったわけでもなくって、何気なく言われた一言を変に真に受けてしまったり、変に捉えてしまったりetc。

 

曲作ろうにも全然言葉がでてこなくってまとまりがないままノートに書き殴って、ワンフレーズもできずに寝てしまったり、体重落としたいのにからむーちょに手を出してしまったりで、ジムでスパーリングしても、どこかパンチを打たれるのが怖くて、今ままで踏み込んでたとこを踏み込めなかったり。

あとは自分との約束を守れなかったりetc

 

外面や発信することは前向きなことが多いから、あんまり周りにばれないし、いやバレてるか、自分が周りからそう思われてるだろうなと思う自分をどこか演じてしまうので余計に肩に力が入ったりな毎日で。

 

まぁそんな積み重ねで今夜はどーーんって、そんな感じでした。

 

今日もそんなどうでもいいことを自分の記録がてらに書いてます。ご存知の通り今夜もまとまりはないです。ごめんね。

 

自分ではた迷惑だなと思うのだけども、少しのごめんねを込めて深夜に無性に連絡取りたくなって電話しても、電話に出てくれる親友に毎回助けられてます。

 

「焦らず思っ切りやれよ」っと声をかけてくれたり、

好きな曲を教えてくれたり、

プロレス技のごとく力強く抱きしめてくれて(男同士)、「肩に力入りすぎや」とこれまたプロレス技のごとく肩をしごいてくれるやつがいてくれて(男同士)。

 

昔読んだ本でマレーネ・ディートリッヒっていうドイツの女優が「大切なのは午前4時に電話できる友達よ。」って言ってたのを思いだした。本当にそうだな。

 

仕事から帰ってからひたすら竹原ピストルばかり聴いてた。

大事なことは走り続けることでも なくて、立ち止まっても走り始めることを繰り返し続けること。

こんな感じのことが竹原ピストルの曲の歌詞にあった。染み込んできた。

僕のことばは全部借り物ばかり。

ブルーハーツだったり、竹原ピストルだったり、太陽族だったり、ゴイステだったり、谷川俊太郎だったり、不可思議ワンダーボーイだったりetc

そんな借り物の言葉で今夜も綴っています。

 

f:id:sannendechampion1016:20180128020241j:image 

先日路上ライブが10回目になった。

時間はかかったけど。

いまだに自分でやるって決めたけども、毎回駅前に向かうのは憂鬱にはなる。ギターを出して、チューニングしている時間が一番嫌で、一曲目さえすればあとは吹っ切れるんだけどね。

やること自体に意味はなくて、やり続けることで意味が出て来た気がする。

ムエタイもそうだったな。

 

一人でも聴いてくれる人がいたら、それを100回繰り返せば100人聴いてくれたことになる。

ミドルキックも1万回蹴ればどんなやつでも蹴れるようになる言われたことがある。

 

だから、何事もどんなペースでも続けることだと改めて思う。

そして、行動すること。それしかない。

僕はあまり器用な方ではない。だから、時間はかかっても量で勝負するつもりです。

 

このブロブ書くのも2時間ぐらいかかったな。

もう、こんな時間だ。明日も仕事だから寝よう。

おやすみなさい。

 

かけてくれた言葉や音楽、かけてくれたプロレス技のおかげで明日からもやっていけそうです。

ありがとう。

f:id:sannendechampion1016:20180128020440j:image

 

 

 

 

くそったれ

この前行った宇田川別館バンドの今年初Live。

f:id:sannendechampion1016:20180115025905j:image

f:id:sannendechampion1016:20180115025847j:image 

f:id:sannendechampion1016:20180115030045j:image

f:id:sannendechampion1016:20180115030056j:image 

あぁ最高の夜やった。こんな最高な夜があっていいのかよって。

あの夜 受け取ったものがヤバすぎて、あの夜以降 自分のなかで湧き上がってた感情とリリックが鳴り止まない。

 

今夜も酔ってるよ。

正気の沙汰じゃないよ。

勢い任せに書くよ。

たぶん、明日目覚めた時にやっちまったーって思うフラグ立ちまくりだよ、でもいいんだよ。そんなことは。

 

 

あなたはぼくの生き方を笑いますか。

日本を見た時 大勢の人たちがしてるような生き方がぼくにはなんだか窮屈に思えてしかたなかった。

大学出たら、会社に入って、結婚して子供ができて・・・etc

あ、全然否定とかしてない。

結婚したくないわけじゃないよ。

子供が欲しくないわけじゃない。

 

 

ただ・・・

 

ただよ・・・。

 

なんか見えないサイクル。

みんなそうなんだから。

みんなそうしてるんだから。

いい歳こいて。

もう子供じゃないんだから。

ちゃんと将来のこと考えろよ。

夢ばっか見てやっていけるほど甘くない。

 今 それ本当にやることなの?

 

そんな言葉達、常識。

さんざん今まで言われてきたよ。

言われるたびに言い返せるものはぼくには何もなくって、ぐっと堪えてた。そーですよねって作り笑いしてた。そんな自分自身が情けなかったし、悔しかった。

でも、心のなかでは いつも くそったれって思ってた。

なにか自分には違うような気がするって思いながら生きてきた。

でも・・・どうしたらいいのかわからなかった・・・

 

 

諦めきれない生き方があった。

色んな出来事があった。

色んな人と出会った。

そんな、小さな積み重ねがあった。

ノートに自分の思いを何時間も何日も書き綴った。

たくさんの会話を自分と重ねた。

なにがきっかけとか、もうとうに忘れた。

強いて言うなら、意味のわからない自分の生き方への諦めの悪さ。

気づいてしまった自分の本当の気持ち。

「やべっ気づいちまった。」

ごまかせない自分の気持ち。

ある日踏み出そうと思った。

長い人生、何かに向かって挑戦する数年間があってもいいんじゃないかと思った。

もし、こけたら自分でケツを拭えばいい。

ぼくには失うものも守るものも、なにもないと思った。

 

たぶん ぼくは生き方が下手くそなんだと思う。みんなみたいに上手に生きてけない。

自分をごまかしながら生きてくのはそんなの死んでるのと一緒だ。

 

まだまだやりたいことなんて山ほどあるんだよ。ごめん、だいぶ盛ったかも。両手盛りぐらい。

3Pだってしたことないし、TENGAだって使ったことないし、君と楽しい夜を過ごしてないし、読みたい小説だってまだまだあるし、読みたい詩集だってまだまだあるし、見たい映画だってまだまだあるし、行きたい美術館だってまだまだあるし、聴きたい音楽だってまだまだあるし、歌いたい曲だって山ほどあるし、ベルトだってまだ巻いてないし、腹筋バキバキにしたいし、ハイキックはまだけれないし、コンビニの店員さんにまだ思いを伝えられてないし、また仲間と楽しい夜を過ごしたいし、かっこいい曲作りたいし、死ぬほど笑いたいし、死ぬほど涙を流したい。

 

これまでの人生悔いはないなんてうそだよ。自分を納得させるための綺麗で美しい言い訳だよ。ぼくは今死んだら 山ほど後悔することだらけだよ。最強に現世に縛りつく地縛霊になる。気がする。

這いつくばってでも生きていきたい。

 

仕事行って、終わってから次の仕事が始まるまでの間の時間を自分の好きな時間に当ててるんだよ。君だって YouTube見たり、テレビだって見るじゃん。それと一緒だよ。

一つにしぼりなよ?どれも中途半端じゃん?一つにしぼれたらとっくにしてるよ。しぼれないからこうなってるんだよ。

だから、今日だって君の気を引くためにこんなことやってるんだよ。

 

だからね、ぼくはどれもふりきってやろうと思ってる。

行けるとこまで行ってやろうと思ってる。

 

今やっていることをわかってくれとは言わない。正直迷いながら模索しながら、まだまだやってる。ブレてるなって思われてたってかまわない。
コケるかもしれない。惨めな思いしてもいい。

 それでも進んでみたいんだ。
いつか 実現できた時 これがしたかったんだねって思ってもらえるように。

 

宇田川別館バンドの最後にやった曲。

Shibuya is my town

最高だった。音に酔いしれて、周りも気にせずに踊った。

渋谷は嫌いな街だった。だって、みんな、綺麗な格好して偽りの服を着て、キャピキャピしてて。みんな、何かに酔ってないとやっていけないんだよ。女だったり、男だったり、酒だったり、音楽だったり。きっとぼくもその一人。

 

でも、Shibuya is my town、この曲を聴いたあと歩いた街は違って見えた。きっと別館バンドが生きて、移ろいで、見てきたShibuyaを、追体験できたからなんだろう。

駅へ向かうスクランブル交差点。

赤に変わろうと点滅する信号機。

思わずダッシュした。

少しだけこの街が好きになった。

 f:id:sannendechampion1016:20180115025725j:image

 

ぼくは話した、自分の思いを。

だから、今度はあなたの思いを聞かせてください。

そして、一緒に楽しいことやっていきましょう。

 

君が生きたくないと思ったこの世界はこんなにも、くだらくって憎たらしくって、どーでもいいようなことが溢れてて・・・

それでも、ぼくはこの世界は捨てたもんじゃないんだぜってこの身をとして、証明したい。

 

f:id:sannendechampion1016:20180119233534j:image

なおと、頑張れやい。

 

 

 

僕は傍観者

昼間寝すぎたせいで 夜にねれなくなった。

今日は仕事です。絶対昼間眠たくなって つらくなるパターンしか見えてこない。死んだ。

 

今日は特に書きたいこともない。

 

この前 飲み会の流れでクラブに行った。

あーいう場所は未だに無理だ。

僕には場違いすぎて 死にそうになった。

女の子に話しかけるとか皆無すぎる。(今年 27さい、かなりの人見知り)

なんて話せばいいかわからない。

あいにくそんな度胸は持ち合わせていない。

ダンスフロアーを遠くから見ながら、全然聴きなれない音楽に 無理やりリズムとってハイネケン流し込んだ。

酔っ払ったらなんとかなるかと思ったけど、飲んでも飲んでも 酔えない。おかしい。

次々と女の子に声をかけていく男たちを傍目で見てた。

余裕をぶっこくふりして内面震えてた。

一体あいつらどんなメンタルしてんだよ。(羨ましいです)

僕は傍観者。

未だに克服できずにいます。

帰り道がなんだか切なかったよ。

でも・・・あそこにいた女の子たち可愛かったな。

 

 

最近はそんなことでした。

 最近聴いてる曲たち。

奇妙礼太郎

www.youtube.com

切なすぎて 悲しすぎて 心が掴まれそうになる。

聞くとせつなくなって聞きたくなくなる。

けど、また聞きたくなる。

 恋愛ってなんで本当に好きな人とはうまくいかないようになってるんだろうね。

 

あとは 不可思議wonder boy

www.youtube.com

詩。言葉。

なんて人間くさいんだろう。

圧倒。

ヘビーローテーションで聴いてる。

画面からでも伝わる熱気。ビシビシ。

www.youtube.com

これを聴いて僕は谷川俊太郎の詩集を買った。

 

 

f:id:sannendechampion1016:20180107061810j:image 

今年初の路上。寒かった。何度ももうええっかと帰ろうと思った。

けど、聴いてくれる人がいてくれた。話しかけてくれた人がいたい。

もう少しやろうと思った。

急に寒さが気にならなくなった。

差し入れくれたあったかい飲み物やカイロ。入れてくれた血と汗が通った投げ銭

温度以上の暖かさがあった。

 

発信しない限り可能性はゼロ。どんなことでも。

 

発信しない限り誰にも伝わらない。

 

よかったら聴きに来てください。高円寺でやってます。

きっと後悔はしないと思う。

し、させないように一生懸命やります。

 

いつか聴きに行くね、また聴きに来るね

そんな言葉達が僕の支えになってます。

 

今日会えた人たちと また会えたらいいな。

 

いい日だったなと思える日もあれば、つらくなるよう日もあって、

でも、両方なくてはならない日々で 。

一日は夕焼けだけで成り立ってるわけじゃない。

 

 

あー6時だ、朝だ・・・

すーばらしーい朝が来たー 希望のあーさーだー

 

シャワー浴びて仕事行きます。

 

いい1日になりますように。

 

 

 

ありがとう2017年

2017年 感謝です。

 

振り返るといい一年でした。

 

充実した一年でした。

 

この前 ジムの蹴り納めをしました。

f:id:sannendechampion1016:20171231232713j:image

来年三年目突入です。
「3年でチャンピオン」と自分で立てた目標を叶えてみせる。
来年から使おうと思ってたタイで買った新しいグローブ。

f:id:sannendechampion1016:20171231232730j:image

来年まで待てなくて結局この前解禁した。「上を目指す」の意味を込めて金色が入ったのにした。

来年 チャンピオンになってなかったら笑ってください。

こいつと共に 来年 頑張る。

会長、アートレーナー、ジム仲間のみなさん、本当にありがとうございました!
来年もボコボコにしてください!

 

あと、路上でも歌おうと思います。

目標は100回することです。

今 やっと自分のオリジナルが一曲できました。

曲数を増やして、来年はライブすることが目標です。

 ステップバイステップです。

 

この前実家に帰り 自分の部屋には高校生の時に書いた「見とけよ」の文字はたしかに自分の字だった。

f:id:sannendechampion1016:20171231233248j:image

 

 何に対しての見とけよなのかわからんけど、きっと何かに対抗するために必死だったんだろう。

 

 

これからどうなるのかと時々不安になる。

でも、それは誰もわからないこと。

未来も時が経てば今になるし、今も時が経てば過去に変わる。


きっとこう思う今も未来になれば一瞬でも戻りたいと思うあの頃になってるんだろう。

 

 

f:id:sannendechampion1016:20171231232934j:image

今年は友達と鍋食べて ガキ使見て 年越しです。

 

来年もまたみんなで笑ってたいな。

 

また、みんなで笑おう。

また、みんなで泣こう。

 

今年一年ありがとう。

来年もこんな僕ですが、よろしくお願いします。

 

一度きりの人生だから、身近な人たちにできるだけの愛を送ろう。

 

2017年  まさ