まさの日記

3年以内にチャンピオンになる。それまでのプロセス。

自分が思うイケテルな、かっこいい、ええ感じをやってみる。

前の自分ならできんかった。

例えば サングラス買ってロードバイクで出勤するとか、

(なんかかっこつけてるみたいやん。でも、かっこええなー。おれもあんな感じなりたいなーって思っててん。)

スタバでMacのパソコンでブログ更新するとか

(←なんか、おれできてます!感出てるやん。おれにはちょっと似合わないっすって思ってた)

 

そんなんって一種のあこがれで、そーやってる人とか見て、あれかっこいいなとか、いけてるなとか、ええ感じやなみたいなあこがれ。おれもやってみたい。

 

最近、そんなんバンバンやるようにしてるんねん。

 

もし、なにか あれええなーとか思ってないことあったらやった方がええで。

 

やっぱめっちゃ楽しい。

 

それに一回やれば「なんでこんなことさっさとやらんかったんやろー」ってめっちゃ思った。

 

自分がどう見られるかより、自分はどうありたいかを大切にした方が断然いい。

 

ちょっと話しそれるけど、嫉妬ねたみって、一種のあこがれの形が変わったバージョンやと思うねん。

 

「なんであいつばっか」は「自分だってほめられたい」っていう裏返しやし、

「なんであいつにあんなこと言われらなあかんねん」って、同じ言われるでも人によって素直に聞ける人とイライラする人おるやん。言われてイライラするのはその人が自分のなかにも存在してるからで、その部分を自分が認められてないからやし。

「あいつばっかわがまま言いやがって」は「自分もわがまま言いたいのに!」っていう裏返しやしな。

 

最近、嫉妬やねたんだり、イライラしたり、そーいうこと感じるときはなんかチャンスやって思うようになった。また、自分のこと知れるチャンス

 

ほんで、なんでやりたいことを純粋に追求できるようになったかっていうと、

ある意味プライドが無くなったから。

 

なにかやりたいことあるときに人の目が気になってできないのって今まで自分のなかのプライドが邪魔してたなーって思った。

「やってかっこつけよるって思われるんちゃうかな」

これは自分はかっこつけたらあかん人間やって自分自身のことをそー思ってるってことだったり、

「やって失敗したらどーしよ」

は失敗する自分は恥ずかしい、自分は失敗する人間じゃないのにって心のどっかで思ってたり。

うまく言えんけど、自分のことを自分自身である意味凄いって思ってる自分がいたから、失敗したときのこと考えるとめっちゃ恐くなって行動に移せなかったんよなーって思った。

 

けど、プライドなくなったら、ある意味周りがなに思ってても、どー思われてもよくなった。

それより自分自身が自分のことをどう思ってるか、今の自分いけてるか、かっこええかって考えるようになった。

さっきの患者さんへの対応は自分のなかでいけてたか、

今日の休みの過ごし方はいけてたか。

傷つく事恐れずトライ。

むしろ今のうちに傷ついた方がお得。その先にめっちゃええこといっぱい待ってた。

 

前まではめっちゃプライド高くって、仕事も覚えれば覚えるほど年数が経つほど、人に聞けなかった。

「え、3年目やのにこんなん知らんかったん」って思われるんちゃうかなーと思って。

けど、今はわからんかったら、

素直に「すいません、自分の勉強不足でわからないので教えてください!」って言えるようになった。(もちろん、自分なりに考えてからね)

それが後輩でも!

 

うーん、まだまだうまく言葉にできないけど、ようするに今まで周りの目が気になってやりことあってもできんかったのは変なプライドがあって他人によく思われたいっていう自分がいたからで、それ最近なくなったから、楽しなったでーっていう最近の自分自身の変化のはなし。

 

P.S と言っても。スタバでこれ書いてるんやけど、目の前に大学生ぐらいのカップルがいちゃいちゃしてて、「おいこら、いちゃいちゃはお家でやりなさい」って思いっきりねたんでたとこやわ。笑

これは「おれだって彼女つくっていちゃいちゃしてーーし!!!」っていう裏返しにほかならない。笑

言うてることとちゃうやんって自分で思ったとこやわ笑

まだまだいろんな場面でプライドが出る事もある。

まだまだ修行不足だと感じることもあるけど、

まずそんな自分に気付いていることが大きなアドバンテージだと思う。

 

知らんけど。

(でた!関西人の必殺技知らんけど!)

 

ほな!!!