まさの日記

【看護師×ムエタイ×音楽】看護師をしながら、ムエタイとやままと言う名前で音楽をやってます。日々のことをブログに書いてます、下記参照。銭湯とコインランドリーとカフェオレと詩をこよなく愛してます。1991年生まれ。淡路島出身。あと・・・ごめんなさい、なんでもないです。3年以内にチャンピオンになる。それまでのプロセス。

色んなことを諦めそうになったら読み返すやつ。

昨日は一日人として尊敬してる人に付き合ってもらい、旅に出てました。

自分自身のことを知る旅。

今の自分の実力、見ている世界、レベルから飛び出すたための旅です。

 

まぁぶっちゃけ感想から言うと

完全にやられました。フルボッコです。

 

その人と過ごした時間や伝えてくれた言葉、ハート、連れて行ってもらった空間。

 

もうね、色んなことを諦めたくなったわ。
息の仕方も忘れそうになった。

 

自分には才能ねーのかなーとか思ったよ。。。


けど、それって違うんよね。全然違う。おすぎとピーコぐらい違う。
そんな人達って誰よりも努力してるだけなんよ。圧倒的に。

ただそれだけの話。

 

どこの分野、世界でもそうですが、

 

「なんだ、こいつ、全然意味のわかんねーことばっか言ってる!わけわかんねー!!!」

ってことほど、半年後一年後になったあとに

「あっ、あの人、このこと言ってたんだ」ってわかるもので。

 

人から言われたり、本でも読んでも

「あーわかるわかる」

ってことは自分の確認作業でしかなくて。それはすなわち今まで自分の経験や知識、見てきた世界の 〝なか〟でしかない。それでは成長はないと思う。

 

人というのは歳をとるごとにどこか守りに入るもので、変化を恐れるものだと思います。

自分のこれまで信じてきた価値観、ルール、生き方 etc

それを崩されまいと奔走するものだと思います。

そして、それにそぐわないものを拒絶する習性があると思います。

まぁでもそれは当たり前のことで。

だって、それを崩された時には 今まで自分が信じていたものはなんだったんだっていきなり自分というものを支えていたものがなくなるわけですから。

言うなれば、硬く結んだ靴紐もほどくようなもの。

 

ですが、ぼくが思うのはどれだけ 硬く結んだ靴紐をほどくことができるか、だと思ってます。

ほどいては結び、またほどく。

その作業の繰り返しで人は成長するものだと思ってます。

いかにほどく勇気があるかどうか。

 

なのでね、昨日は完全に丸裸にされて、ほどかれた一日でした。いい一日やった。

 

まぁやってるやるぜってことです。

まだまだ始まったばかりや。

 

これからのぼくは一味違いますよ。

 

f:id:sannendechampion1016:20180201145702j:image